バスの乗り方案内

バスに乗車するまでバスに乗車するまで

バス停に着いたら

行き先や時刻を確認してバスをお待ちください。

バスが到着したら

バスの行き先を確認して後ろから乗車してください。
※一部車両は前方乗車となります。

バスに乗車するときバスに乗車するとき

りゅーと・Suica等交通系ICカードで支払う場合

乗車口にあるカードリーダーにりゅーと、Suica等交通系ICカードをタッチしてください。(正常な場合、“ピッ”と鳴ります。)

Suica等交通系ICカード : Suica(東日本旅客鉄道株式会社)と相互利用で出来る交通系ICカード、「Kitaca」(北海道旅客鉄道株式会社)、「PASMO」(株式会社パスモ)、「manaca(マナカ)」(株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー)、「TOICA」(東海旅客鉄道株式会社)、「PiTaPa」(株式会社スルッとKANSAI)、「ICOCA」(西日本旅客鉄道株式会社)、「はやかけん」(福岡市交通局)、「nimoca」(株式会社ニモカ)、「SUGOCA」(九州旅客鉄道株式会社)

現金で支払う場合

乗車口にある発券機より整理券をお取りください。
なお、始発時や均一料金区間は整理券を発行しない場合があります。

のりかえ現金カードを使用する方へ(現金又はSuica等交通系ICカードで支払い)

乗車口にあるカードリーダーにのりかえ現金カードをタッチしてください。
( 正常な場合、“ピッ”と鳴ります。)
この時、Suica等交通系ICカードのタッチは必要ありません。

降りるバス停が近付いたら降りるバス停が近付いたら

降りるバス停が案内されたら

降りるバス停が案内されたら、お近くの降車ボタンを押してください。
※ボタンを押すと点灯します。

支払い運賃の準備(現金払いの場合)

車内前方の表示器を見て、お手持ちの整理番号と同じ番号の運賃を用意します。
※運賃表示器の料金は大人運賃となっています。幼児~小学生は表示金額の半額(5円端数切り上げ)となります。

バスに乗車するときバスに乗車するとき

りゅーと、Suica等交通系ICカードで支払う場合

運転手付近のカードリーダーに、りゅーと、Suica等交通系ICカードを
タッチしてください。(正常な場合、“ピピッ”と鳴ります。)

【りゅーとのバス車内でのチャージ(入金)について】
・現金1,000円、2,000円、3,000円のチャージが可能です。
・1,000円札のみ利用可能です。
・カード残金が10,000円以上あるときはチャージできません。
・チャージは安全運行のため、停車中にお願いします。

現金で支払う場合

運転手付近の運賃箱に、お金と整理券を入れてください。
50円、100円、500円硬貨、1000円札の両替ができます。
(※両替は安全運行のため停車中にお願いします。)

のりかえ現金カードを使用する方へ(現金又はSuica等交通ICカードで支払い)

運転手付近のカードリーダーに、のりかえ現金カードをタッチするとモニターに運賃が表示されます。 (正常な場合、“ピピッ”と鳴ります。)
その後、運賃箱に現金を入れるか、カードリーダーにSuica等交通系ICカードをタッチしてください。

※のりかえ現金カードの詳しいご利用方法については、新潟市ホームページ(外部リンク)にてご確認ください。